チルノのRF
RF online 第1サーバ[SOLUS]で活動中のチルノの適当な日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を振り返る(1)

昨日は他のことを書くつもりでしたが、さすがに衝撃強かったせいで何も手が付かず。
正直な話、当初は今年三月ぐらいには終わるかもしれないと思っていただけに、続いた時点でなんらかのやる気があると思ってました。課金開始後の人数自体、それぐらいなものだったと思います。それが「何で今更」としか言いようが無い。終わるなら終わるで、もっと早くスマートにできたんじゃないの?と。
■RFというゲームの良かった点、悪かった点
せっかくなんでこんなお題目。思いっきり個人的に、ですが。

良かった点
1.種族ごとの大規模なRvR
2.グラフィック
3.ロボ

[1]については、こういったタイプのRvRゲームが初めてだったということもあり、ただそのシステムがあるだけでも楽しめました。
また、種族間同士のトレード及び会話すら遮断したのは、大規模な種族間紛争という設定の具体化として良い「場」だったと思います。

[2]も、対人をメインとするMMOの中では異例なんじゃないでしょうか。軽い割りに見映えは良い。背景もそれっぽさが出ていて良いですね。

[3]は趣味なんで割愛。ただ案外こういったMMOは無いので貴重だと思います。


悪かった点
4.長期のPvEを強要するシステム。及びPvEの単調さ。
5.強さが装備品に依存しすぎ、かつ選択の幅が無い
6.貢献システムと族長システム。ぶっちゃけた話、聖戦の構造自体

[4]マゾ過ぎでした。9月のアップデートで楽にはなりましたが、結局資金稼ぎはMob狩り。対人ゲームとしてはMobとの戦闘時間が長すぎかつ面白みがない。

[5]レベルによる装備品の強さ、タリックの強化の幅が少ない。とはいえ、RvRという場だと強さを均質化した方がわかりやすいか?
ただ、装備によるデメリットが何もないエレメンタルアクセサリの存在だけは何とも。特にPITしか出さないというのは種族内の不和を招くだけで、はっきりいってゲームデザイン的には不要な存在としか思えませんでした。

[6]聖戦はずっと鉱山で、ギミックや変化など一切無し(NPC追加やCUのHP量増加ぐらいはありましたが単に長引かせる以外効果が無く、結局長引いてもいません)。聖戦に参加する義務もなければ途中抜けによるペナルティも存在しない。また聖戦に出ようが出まいが放置だけで貢献UP。やる気の有無にかかわらず貢献度だけで族長及びランカーが決まる。後期に始めた人ではランカーになれない。立候補システムがきたといっても30位以内に入るのすら困難。そして族長及びランカーといえど、強制権は一切無し。

全員善人じゃないと色々と無理です。



改めて書き出すとなんだか不満たらたらのように見えますが、嫌いではなかったので。一応。
スポンサーサイト

コメント

もーすぐ再開でっせw

また会えるかもを楽しみにしてますw
【2007/03/16 19:34】 URL | Kuon #-[ 編集]
ちるのーん
もしくは
つららーん(誰だw

復帰気長に待ってますw

またいつかノヴァスの地でwノシ
【2007/05/06 22:19】 URL | ひ・み・つw #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

チルノ

Author:チルノ
1鯖SOLUSのアクレシア帝国の⑨
ギルド"Replica"所属 でした。現在は叢雲所属(11/20)
族長やってました(9/28)
族長終了(10/22)

パーフェクトフリーズは使えない

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。